FC2ブログ
  •  ある課題なりテーマが与えられた時、論文の初心者は(もしくは考えるのが面倒臭い人は)解答を自分で考えるのではなく、「正しい解答」をどこかからさがして、それを覚えておきたい、と思いがちである。その理由は、初心者であれば自分の考えたことが正しいという自信がないからであろうし、考えるのが面倒臭い人は「正しい解答」があるのに自分でいちいち考えるのは労力の無駄である、という「合理的判断」を下すだろうからであ... 続きを読む
  •  医系小論文は「課題文型」「テーマ型」「資料分析型」の三つに大きく分類されるが、いずれの型においても「読解」は重要である。課題文型では「課題文の読解」と「設問文の読解」が「読解」であり、テーマ型では「テーマの読解」が「読解」であり、資料分析型では「資料の読解」と「設問の読解」が「読解」となる。そんなことは当たり前だと考える人もいると思うが、このことがきちんと分かっていない生徒は案外多い。なぜなら「... 続きを読む
  •  いまどきの生徒が小論文を苦手としているのは、どの順番でどう書けば書いたことになるのかを授業等で教えてもらっていない、ということが一因としてある。小中高と「作文」を書かされるわけだが、「書き方」そのものを定式化して教えてもらっているわけではない。「序論・本論・結論」や「起承転結」といった漠然とした方法論を教わることもあるが、それがどういう意味を持ち、どのような仕方で「作文」を成立させることになるの... 続きを読む
  •  医系小論文では、日本語表現力の有無も合否に関わる要素として要求されている。日本語表現力として考えられている事柄をおおよそ以下に列挙してみると、 ●主語・述語・目的語・助詞・修飾表現等が適切に配置された「文」の作成能力。 ●「文」と「文」とをつなぐ接続語の適切な使用能力。 ●問題文の適切な要約的把握力。設問文の適切な理解力。それらを反映した記述能力。 ●テーマ理解力。それを反映した論文構成能力。 ●適... 続きを読む
  • 医療人の資質を考える際、現在の日本の医療の現状を踏まえることは大切である。キーワードとしては「高齢化社会」「少子化社会」「地域医療の重視」「全人的医療の重視」「生活習慣病、とりわけ癌の克服」「高度先進医療の充実」「ターミナルケアの見直し」「産婦人科・小児科の不足」「医師不足・医師の偏在」「医療格差」「ES・iPSを始めとする再生医療の発展と倫理的問題」等々が挙げられる。こうした現状に対して、ひとつひと... 続きを読む
  •  医学部が通常の学科試験以外に「小論文」と「面接」とを「試験科目」として課す目的は、「医師」という職業が通常の他の職業よりも「高い倫理性」や「強靭な精神力」を要求される職業である以上、「医師」を養成する機関である医学部の入試に際して、そうした「医師としての資質」を事前に確認しておく、ということにある。 では「医師としての資質」とは何なのか。それを一言で言えば「人間性」なのであろう。しかし「人間性」... 続きを読む
  • 多様な個性を持っている医系小論文であるが、最大公約数的な基本事項について説明していこうと思う。まずは説明しようと考えている全体像を「目次」の形で示す。次回以降、各事項について詳しく説明を加える。【目次】(公理) ①医系小論文の1次目的は、医療人としての資質の確認である。 ②医系小論文の2次目的は、日本語表現力の能力の確認である。(大前提) ①読解は重要である。これは文章型、テーマ型、資料分析型いずれ... 続きを読む

プロフィール

玄武庵

Author:玄武庵
予備校講師をしながら旺文社(入試問題正解)・教学社(赤本)・Z会(実戦模試)等で作問・解答・解説等の仕事をしています。小論文は自分の頭で考えて書くことが一番大事ですが、その際の参考にしてもらえるとうれしいです。頑張ってください。(※コンテンツはすべて無料です)

カテゴリ

FC2カウンター