FC2ブログ

【小論文解答】:2023年/獨協医科大学/医学部/本試験/2月12日分

【問1】
基礎科学は自然界のしくみの基礎の部分を探求するのでさまざまな技術の水源となるが、どのようなものでも役に立つわけではない。科学者が卓越した探究心を持ち、自由な心と集中力を持って夢を見ることのできる環境下で、精神と知性の自由を行使できることが重要となる。こうした価値合理的な基礎科学の研究を支援してもらうには、基礎科学の持つ中・長期的な価値と社会的意義について、財団や篤志家に丁寧な説明を行う必要がある。(200字)

【問2】
 この文章を読んで私が考えたのは、医療における基礎研究の意味、ということだ。医療において最も重要なことは現に存在する目の前の患者の命を救い、健康に寄与することである。一方、それを可能にするのは、これまで積み重ねられてきた基礎研究である。研究の成果が医療技術、医療危機、新薬という形で結実し、それを臨床の場で用いることで医療の目的が達成される。基礎研究と臨床はそのような関係にあると思われる。本文では、そうした研究のためには精神と知性の自由に基づく科学的探究心を許容する環境が必要だと述べられているが、医療においてはまさに大学の医学部という場がそれにあたるのだと考えた。与えられたものを吸収するだけではなく、そこからさらに自己の知的好奇心を存分に広げ、色々な事に興味を持って調べていきたい。そこで得られた知見はすぐには役に立たなくても、自分の医療人としての人生において必ず役に立つ時が来ると私は考えた。(399字)

関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

玄武庵

Author:玄武庵
日本の片隅で予備校講師をしながら旺文社(入試問題正解)・教学社(赤本)等で作問・解答・解説等の仕事をしています。小論文は自分の頭で考えて書くことが一番大事ですが、その際の参考にしてもらえるとうれしいです。頑張ってください。(※コンテンツはすべて無料です)

メールフォーム

Name:
Email address:
Title:
Text:

カテゴリ