FC2ブログ

【用語解説】:「死後移植」と「生体移植」と「脳死臓器移植」

【用語解説】:「死後移植」と「生体移植」と「脳死臓器移植」

■「死後移植」について。

 〇「死後移植」とは?
  ①医師が死を宣告した後に(基本的に心停止後)臓器摘出と移植
   が行われる。
  ②摘出対象臓器は腎臓・膵臓・眼球で、いずれも虚血(血流停止)
   許容時間の長い(24時間)臓器である。
  ③腎臓摘出の場合、心停止前から機能維持のための措置を行う。
  ④眼球については、以前は遺体や遺族の尊厳を損う形での摘出が
   あったが、現在ではそういったことはない。

■「生体移植」について。

 〇「生体移植」とは?
  ①生きている健康な人間から臓器を摘出し、移植が行われる。
  ②摘出対象臓器は肺・肝臓・膵臓・腎臓・小腸。
  ③生きている人から摘出するので移植臓器は新鮮だが、健康な人の
   身体に侵襲(メスを入れ、損なうこと)行為を行い、より不健康
   な身体にする、という意味で「医療本来の目的に反する」行為を
   前提にしなければ成立しない、という問題がある。
  ④よって、他の移植手段(死後移植・脳死臓器移植)が困難な場合
   に代替的に行うのが基本である。
  ⑤しかし実際には死後移植や脳死臓器移植でのドナーが絶対的に不
   足しているため、生体移植に対するニーズは高い。

■「脳死臓器移植」について。

 〇「脳死臓器移植」とは?
  ①脳死(※今回は説明省略)状態の人間から臓器を摘出し、移植が
   行われる。
  ②摘出対象臓器は心臓・肺・肝臓・膵臓・腎臓・小腸。
  ③基本的に脳死者1人から複数の臓器が摘出され、複数の人に移植
   が行われる。
  ④「脳死を人の死と定義してよいか?」という倫理的な問題がある
   (※法律では脳死は人の死であると認められている)。
  ⑤日本ではドナーの数が絶対的に不足しており、有効な移植手段と
   しては機能していない。
  ⑥厳格な脳死判定(※日本は非常に厳格である)には時間がかかり、
   しかも判定と摘出・移植を行える病院(施設)も限られていると
   いうことも、日本で脳死臓器移植が普及しない一因となっている。

■「日本における移植の問題点」について。

 〇「日本における移植の問題点」とは?
  ①すべての移植において、ドナー数が絶対的に不足している。
  ②移植希望者(レシピエント)が数年から十数年の「移植待ち」とな
   っており、移植が間に合わずに亡くなるケースも多い。
  ③待ち切れない人による「海外移植」の希望も多く、それにまつわる
   トラブル(例えば金銭関係のトラブルや、現地の移植希望者の機会を
   奪っているという問題)も多くある。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

玄武庵

Author:玄武庵
日本の片隅で予備校講師をしながら旺文社(入試問題正解)・教学社(赤本)等で作問・解答・解説等の仕事をしています。小論文は自分の頭で考えて書くことが一番大事ですが、その際の参考にしてもらえるとうれしいです。頑張ってください。(※コンテンツはすべて無料です)

カテゴリ