FC2ブログ

【小論文解答】:2012年度/産業医科大学/医学部/本試験

 想定外の事態に対して咄嗟に対応するためには、起こっている現象のモデルを頭の中に作り、外的要素による変動を含んだ全体像を把握する必要がある、と筆者は本文で述べている。医療においてこれらのことが可能であるためには、まず多くの知識と経験を蓄積していることが重要である。目の前で生じている想定外の事態に対応する知識を持っており、そうした不測の事態に何度も遭遇した経験があれば、ある程度冷静に対処できるのである。
 それに加えて、分析力も必要であると思う。想定外の事態であっても、何らかの現象が生じている以上、その現象を特徴付けている様々な要素をきちんと拾い出し、自分の知識や経験のストックに結び付けてゆくことは可能である。先入観を排除し、対象を良く見極めることによって、解決の糸口を見出してゆくような発想を、日頃から訓練して自分のものにして行かなければならない。それが患者の生死を分けてゆく重要なきっかけとなる。
 そして最後に、やはり決断力が大切であると思う。今まで自分が設定していた想定の枠組みを捨てるためには勇気がいる。自分を過信せず、常に患者のために最善を尽くすという心構えを自らの信条として、謙虚に目の前の現象から情報を収集して行くためには、日常生活の全てにおいて、自分自身の考えにこだわらず、相手の立場を重視しながら物事と向き合う習慣が求められる。これらの要素を持つことで想定外に対処できると私は考える。(597字)
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

玄武庵

Author:玄武庵
予備校講師をしながら旺文社(入試問題正解)・教学社(赤本)・Z会(実戦模試)等で作問・解答・解説等の仕事をしています。小論文は自分の頭で考えて書くことが一番大事ですが、その際の参考にしてもらえるとうれしいです。頑張ってください。(※コンテンツはすべて無料です)

カテゴリ

FC2カウンター