FC2ブログ

【小論文解答】:2017年/杏林大学/医学部/センター/2月10日分

 「教育」には二つの「意義」があると私は思う。ミクロな視点で言えば、「教育」には「個人が社会の中で生きていくために必要な知識や教養を身につける」という意義がある。一人の人間が社会の中で自立・自活するには、社会や人間関係の常識を学び、スキルや資格を手に入れ、組織の一員として働くことが必要である。教育を通して知識や教養を身につけることで、人は社会から孤立することなく、ある程度安定した生活を送ることが可能となる。受験教育を含め、ほぼ全ての教育はこうした側面を持っていることは間違いない。
 一方、マクロな視点で言えば、「教育」には「社会の維持・発展に必要な人材を供給する」という意義がある。社会を維持するためには各成員の協力関係が重要となる。一人一人が高いスキルを持ち、互いに協力することで、社会は現在の状態を維持・発展させることができるのである。「教育」は高い知識と教養とを提供することで各成員の人間としての質を上げ、社会に必要となる有能な人材を継続的に供給するシステム、という側面を持つ。
 これら二つの「意義」は、同じ現象を二つの側面から言い表したものである。人は社会の役に立つ人材となることによって、自己の生を安定・充実させることができる。医師という職業一つとっても、そのことは明らかである。医師は人々の生命と健康を守るために必要な知識や技術・コミュニケーションスキルを学ぶことによって社会に貢献し、その貢献の見返りとして自己の生の安定と充実を手に入れる。そのために教育はあると言える。
 そしてこれら二つの「意義」の延長上に、三つ目の「意義」が見えてくる。それは「教育者を育てる」という意義である。人は自らが先人から学んだことを発展させ、それを新しく社会に参入する人々に伝える義務がある。人から学んだ恩を、人に教えることで返す。その循環で個人と社会に幸福をもたらすことが「教育」の意義なのだと私は結論付ける。(791字)

関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

玄武庵

Author:玄武庵
予備校講師をしながら旺文社(入試問題正解)・教学社(赤本)・Z会(実戦模試)等で作問・解答・解説等の仕事をしています。小論文は自分の頭で考えて書くことが一番大事ですが、その際の参考にしてもらえるとうれしいです。頑張ってください。(※コンテンツはすべて無料です)

カテゴリ

FC2カウンター