FC2ブログ

【小論文解答】:2016年/岩手医科大学/医学部/本試験

 この講演録を読んで、人間の活動にも「縦」と「横」があり、それを逆にすることはできないのだ、と私は考えた。文字を立ち上げるのが縦画であるとすれば、人間の活動で縦画にあたるものは「学業」や「職業」である。人は学業を修め職業を極めることで社会の中で自らの身を文字のように立ち上げる。そこがいい加減だと、文字の軸が歪むように人生の軸が歪む。私も医師を目指す者として、生涯にわたる絶えざる努力が必要だと思った。
 一方、横画とは「人との繋がり」であると私は思う。豊かな人生を送るには人との繋がりが欠かせない。そのために私も他者を大事にし、人のために役立つことを行い、信頼関係を築いて行く必要があると思った。そして「縦」と「横」を逆にするように「学業」や「職業」を蔑ろにし、「人との繋がり」を軽視すれば、社会の中で役に立てるような人間ではなくなってしまう。だから縦横それぞれの意味を踏まえた人生を送りたいと考えた。
 最後に書における「対象世界」とは、医療における「地域社会」に該当すると思った。私が将来医師として社会に全力で向き合うことが「力を加える」ことで、それに対して地域社会が信頼してくれることが「支える」ことになるのだと思った。地域社会の支えがあってはじめて「医療」という独立した世界が成り立つ。私が医師として社会の中で生きるためには、「縦」と「横」とをしっかりと弁えて努力を行うべきなのだ、と私は考えた。(595字)
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

玄武庵

Author:玄武庵
予備校講師をしながら旺文社(入試問題正解)・教学社(赤本)・Z会(実戦模試)等で作問・解答・解説等の仕事をしています。小論文は自分の頭で考えて書くことが一番大事ですが、その際の参考にしてもらえるとうれしいです。頑張ってください。(※コンテンツはすべて無料です)

カテゴリ

FC2カウンター