FC2ブログ

【小論文解答】:2013年/東海大学/医学部/2月11日分

 今私は医学部受験生なので、彼女が私に語りかけているのは、私の医学部受験生としての覚悟・心構えについてのことだと思う。今私の行っている受験勉強は、言ってみれば小学校から学んできたことを、よりレベルの高い内容で学び続けているのであって、それは他学部を受験するために必要な勉強と大きく変わるところはない。しかし人の健康や生死に直接関与する「医師」という職業は、他の職業よりも高い倫理観や自覚を必要とする。今私が学んでいることも、本当はそうした医師としての重責を担うための準備なのであり、相応の重みを持っている。しかし私を含め、医学部を目指す受験生は、ともすれば自分たちのやっていることを「医学部に合格するための勉強」という狭い視野で捉えがちであり、その重みを実感することは少ない。彼女の鋭い視線は私の「自覚の甘さ」を的確に見抜き、彼女の開きかけた口は「あなた、本当に真剣に勉強してるの?」という問い質しの言葉を発しているように私には思われる。医療を通して他者の健康を守り、人生を充実させるためには、まず高い自覚を持って真剣に勉強を行い、自分の人生を充実させることが必要だ、と彼女は私に語りかけているように思う。(498字)

関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

玄武庵

Author:玄武庵
予備校講師をしながら旺文社(入試問題正解)・教学社(赤本)・Z会(実戦模試)等で作問・解答・解説等の仕事をしています。小論文は自分の頭で考えて書くことが一番大事ですが、その際の参考にしてもらえるとうれしいです。頑張ってください。(※コンテンツはすべて無料です)

カテゴリ

FC2カウンター